2019年01月18日

マグロの優れた栄養価について!赤い筋肉『赤筋』白い筋肉『白筋』の特性!


魚には「赤身魚」と「白身魚」がありますね!

マグロの身は赤身です!赤い筋肉なので『赤筋』といいます!

マグロは回遊魚で長時間泳ぐ魚…。
血中酸素を取り入れ、脂肪を効率よくエネルギー源としながら泳ぐのでずっと回遊することができます!人間に例えるなら長距離向き体質です。

回遊では、筋肉が”ゆっくり”収縮するため『赤筋』は”遅筋”とも呼ばれます。

そんな赤身魚マグロですが、マグロの部位は主に「赤身」「脂身」「血合い」に分けられ、成分に大きな違いがあります。

赤身

赤筋は健康な血液や筋肉に欠かせない血液色素《ヘモグロビン》と筋肉色素《ミオグロビン》を含みます。

《ヘモグロビン》の鉄原子は酸素に反応し酸化鉄が生成されるため、赤身魚マグロの色は”酸化鉄の色”ということですね!

《ヘモグロビン》《ミオグロビン》に加え、良い筋肉を作るにはタンパク質を構成するための《アミノ酸》が必要ですが、マグロにはアミノ酸の中でも体内で作ることができない《必須アミノ酸》が豊富に含まれます。

マグロの「アミノ酸スコア」は牛肉や豚肉よりも高いので、筋肉増強や疲労回復にも大きな効果を発揮します!

脂身

血液サラサラに役立つ《脂肪酸》を多く含むマグロの脂身ですが、カロリーが高いので食べ過ぎは厳禁です!

□脂肪酸EPA(エイコサペンタエン酸)
血中の中性脂肪を減らしてくれるので体型や健康診断の数値が気になる方の手助けをしてくれます。

□脂肪酸DPA(ドコサペンタエン酸)
血中の善玉コレステロールを増やします!また、脳神経機能を高めるので脳の老化防止や学習能力の向上に役立ちます!

EPA、DHA共に血管年齢が気になる方にオススメの脂肪酸です!

血合い

マグロの血合いには《タウリン》と《ビタミンE》が多く含まれます!血液の流れが良くなるので頭痛、腰痛、肩こりの方にオススメしたい部位です!

《タウリン》は血流を良くするだけでなく解毒作用もあるので、お酒好きな方など肝臓の健康が気になる方にも良い部位と言えます!

肝臓が元気になれば身体全体の代謝が高まるので、お肌のターンオーバーが正常化され美肌効果も期待できそうですね!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ちなみに…

□ヒラメやカレイの筋肉は白いですね!白い筋肉なので『白筋』といいます!

普段はゆったりしていますが危険を察知すると無酸素ですばやく動けることから、「瞬発力に優れている」ことが分かります。

筋肉が”すばやく”収縮する『白筋』は”速筋”とも呼ばれます。

□鮭はエビやカニにも含まれる赤い色素(アスタキサンチン)によってピンク色をしていますが、「白身魚」に分類されます!

□人間の筋肉にも赤い筋肉『赤筋』と白い筋肉『白筋』があります!

筋肉は”筋繊維の束”ですので、『赤筋』『白筋』は独立して存在するのでなく、赤色筋線維白色筋線維が混ざりあっています。その量的な割合は生まれつきのもので変わりません。

トレーニングを積めば、それぞれの筋繊維一本一本が太くなりますが、生まれつき『赤筋』が多い人は長距離向き!『白筋』が多い人は短距離向きと言われています。

運動能力を伸ばすためには、そのスポーツに要する筋肉と自分の筋肉の特性を考えてトレーニングすることが大切だと思います!

生涯スポーツを楽しみたい方にオススメの健康食品は【サメ軟骨[粉末]】!サメの骨の70%は軟骨で形成されており、その成分の40%が3種の特殊なタンパク質!5~20%がグルコサミノグリカン(コンドロイチンなど)で構成されています。

関節の不具合を感じる方や目の老化を心配する方にオススメです。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【サメ軟骨[粉末]】こちら>>


このブログは天然原料粉末の健康市場が運営しております »

カテゴリ:サメ軟骨|タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|日時:2019年01月18日14:46|

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

サイト内検索

月間アーカイブ

Copyright © 健康市場 All Rights Reserved.

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】