2018年10月12日

自然から生まれた甘味料【羅漢果】の上手な活用法!「ローカボダイエット」や「ロカボダイエット」にも!


低カロリー食品やノンカロリー食品に使用される甘味料は、スクラロースやステビア・アスパルテームなどの人工甘味料が多い中で、自然の植物から作られた【羅漢果】が注目されています!

【羅漢果】は、中国が原産地のウリ科の果実!カロリーがほとんど無いのに甘さは砂糖の約400倍!!

甘味成分だけでなく、ビタミンやミネラル・ポリフェノールをたくさん含有します。

【羅漢果】は、太陽の光を長時間浴び、気温差の大きい地域で発育するため、その熱と紫外線、温度差に耐えながら育ちます!そのため、抗酸化物質(ポリフェノール)や代謝を促すビタミンやミネラルを多く蓄えます。

栄養もしっかり摂れてカロリーを気にせず料理やお菓子作りができる!飲み物にも使いやすい【羅漢果】は健康志向の方々に適した甘味料ですね。

羅漢果の栄養素と効果

・身体の調整素《ビタミンB群・ビタミンE等のビタミン類》《鉄・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・カリウムなどミネラル類》に加え、身体の構成素《たんぱく》質も含みます。

・羅漢果は、大量な紫外線を長時間浴びることで、活性酸素を消去する抗酸化物質を多く蓄えています。そのため、人が摂取してもその効果を得ることが出来ます!

・活性酸素消去力のほか、ストレスに強くなる!炎症を鎮める!など嬉しい効果も得られます。

・ぶどう糖や果糖は吸収が良くエネルギー源(1gで4キロカロリー)になる糖類ですが、羅漢果の成分は体に蓄積されずに排泄されるので《食物繊維》に分類されます。

羅漢果の料理活用法

□羅漢果を入れるタイミングを変えてみる

・料理の甘みを感じたいときは料理の仕上げにプラスすると、羅漢果の自然な甘みが感じられます。

・素材本来の味を引き出したいときは、火を入れる前に入れると素材の甘味や香りが引き出されます。

□好みの飲料に混ぜれば低カロリーの飲料に!

・羅漢果は食材の癖を和らげる性質があり《ビタミン・ミネラル・タンパク質》をバランスよく含みます。

・牛乳・ヨーグルト・豆乳などの癖のある匂い、コーヒーの刺激やジュースの酸味を和らげるので、甘味料として羅漢果を加えるだけで栄養価の高い低カロリー飲料になります。

□甘味だけではなく、食材の味と食感を引き出します
[麺類]
・羅漢果を加えたお湯でパスタ・そうめんなど麺類を茹でると、時間が経っても伸びにくくコシのある仕上がりになります。
[煮物]
・煮物の場合、加熱で起こる細胞破壊を防ぐので煮崩れすることなく、見た目良く素材の旨味を引き出します。また、アク抜きの必要もなくまろやかな味になります!
[炒めもの]
・野菜炒めでは、シャッキリとした歯ごたえを維持しながら、野菜の味が濃い仕上がりになります。
[肉・魚料理]
・魚の臭みを取って、小魚なら骨まで柔らかくなります!
・お酒に羅漢果を加え暫く置くと余分な脂質や肉の臭みが取れ、肉質が柔らかくなります。また、焼き縮みも防止します!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
羅漢果は砂糖と同じように使えますが、調理の初めに入れるか、途中で入れるか、最後に入れるかで、仕上がりが変わってきます。

「初めに入れれば、素材を引き立てる」「最後に入れるほど、羅漢果の甘みを感じる」を基本に料理にあった使用法を見つけましょう!

【羅漢果】は、「ローカーボダイエット」「ロカボダイエット」など糖質(糖・炭水化物)を制限するダイエット「糖質制限ダイエット」に適しています!

甘みの摂取は、幸せホルモン ”セロトニン” の分泌によって、満足感が得られ精神が安定する効果があります!

ダイエット中だからといって、甘みをカットしてしまえば、食事の楽しみも半減し、ダイエット生活も長続きしません!

健康管理のためには、自然から生まれた身体に優しい甘味料【羅漢果】を積極的に取り入れて食事を楽しみたいですね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【羅漢果[粉末]】
健康市場での購入はこちら>>
楽天での購入はこちら>>
Amazonでの購入はこちら>>
Yahoo!ショッピングでの購入はこちら>>


このブログは天然原料粉末の健康市場が運営しております »

カテゴリ:ロカボダイエット,羅漢果|タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,,,|日時:2018年10月12日14:14|

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

サイト内検索

月間アーカイブ

Copyright © 健康市場 All Rights Reserved.

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】