2018年09月20日

デキストリンと難消化性デキストリン!どちらも様々な食品に利用されています!


食品の原材料名のなかに『デキストリン』『難消化デキストリン』のどちらか、または両方記載されているものがあります! ”特定保健用食品”や”機能性表示食品” でよく見かけるのは『難消化デキストリン』、その他の食品で見かけるのは『デキストリン』です!その違いと用途を見てみましょう!

デキストリンの利用目的は何?

デキストリンはデンプンを加工したもので成分は 《糖質》と《食物繊維》 です。
医薬品や健康食品、その他の食品に利用されれています!

デキストリンは「医薬品や健康食品を飲みやすくする」「原料を扱いやすくする」「見た目を良くする」などを目的として様々な食品に利用されます!

〈デキストリンの利用目的は〉

・「医薬品・健康食品の錠剤の形や濃度を均一化するための賦形剤(ふけいざい)として!
・液体にとろみを付けたり、液体を固めたりします!
・醤油やソースなど液体調味料を粉末調味料にする!
・青汁や粉末スープなど溶けにくい性質を溶けやすくする!
・パンに美味しそうな焼き色をつけたり、食品の仕上がりに照りツヤを付ける!
・品質を維持する!

以上のように、デキストリンは便秘解消やダイエット目的の健康食品ではありません。

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維です

難消化デキストリンはデキストリンから《食物繊維》だけ取り出したものです。

デキストリン同様いろいろな食品に利用されていますが、「安全性が高いこと!」「デキストリンが身体に及ぼす健康効果が多いこと!」「扱いやすい性質であること」から、日本では ”特定保健用食品””機能性表示食品” として!世界中でも健康に役立てられています。

〈 ”特定保健用食品””機能性表示食品” 例〉

・難消化デキストリンは食物繊維なのでそのまま健康食品として
・難消化デキストリン入りのパン
・難消化デキストリン入りの麺類
・難消化デキストリン入りソーセージ
・難消化デキストリン入りのビスケットやアイスクリーム
・難消化デキストリン入りヨーグルトやゼリー
・難消化デキストリン入り飲料
・難消化デキストリン入りノンアルコールビールや酎ハイなど

難消化性デキストリンは「脂肪に似た口あたりや舌触り」をもつため、カロリーセーブ食品やノンカロリーの固形食品に加えることで甘みの補助や歯ごたえの改善になります。
また、ノンアルコール飲料では口当たりや泡立ちの良さを作ります

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
難消化性デキストリンを含む《食物繊維》は、一昔前は ”栄養価値のないもの”として扱われていましたが、現在では「現代人の不足しがちな栄養素」として健康管理に役立っていることが分かりますね!

食物繊維が豊富な健康食品は【グルコマンナン[粉末]+チアシード】!
カロリー制限したい人、生活習慣に自身がない方、朝スッキリしない方におすすめです!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【グルコマンナン[粉末]+チアシード】こちら>>


このブログは天然原料粉末の健康市場が運営しております »

カテゴリ:グルコマンナン,チアシード,デキストリン,難消化性デキストリン|タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,|日時:2018年09月20日13:50|

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

サイト内検索

月間アーカイブ

Copyright © 健康市場 All Rights Reserved.

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】