2018年08月20日

「天気が悪いと古傷がうずく」方必見!気象病の主な原因と症状


『気象病』!
気圧や気温、湿度の変動で引き起こる不快な症状をいいますが、体の状態で天気を予測する人もいるくらい、症状が顕著に現れる方もいます。

気象病の主な原因

台風の接近や雨で気圧が下がる
天気が回復し、気圧が上がる
天気が急変し、気圧が下がる
天気の変化に伴う湿度の変化
気温差5℃以上の寒暖差
姿勢の悪さや運動不足による体のゆがみ
体力の低下

『気象病』は自律神経(交感神経・副交感神経)がこれらの状況に対応しようと活発化し、交感神経の急激な興奮状態と副交感神経の優先を不自然に繰り返しているうちに、コントロールを失った結果起こります。

気象病の症状

『気象病』は、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称です!「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛も含まれます。

・頭痛や肩腰、古傷の痛みが悪化
・気分の落ち込み
・神経痛や関節痛を強く感じる
・めまいや耳鳴り
・朝起きられない
・睡眠不足
・吐き気を感じる

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
『気象病は』メニエール病、喘息、うつ病、リウマチ、蕁麻疹をひこ起こしたり、心臓発作や脳卒中のきっかけになることもあるそうですので、早めに対応していきましょう!

「気圧や気温の変化に弱いな」と感じる方は、「栄養バランスを整える」「睡眠時間の確保」「適度な運動」「休日を楽しむ」など日頃から健康管理が大切です。

健康食品では、元気度アップに役立つ《β-D-グルカン(食物繊維)》や気圧や気温、湿度の変動に負けない身体に役立つ《エルゴステロール(ビタミンD2前駆体)》などを含有する【霊芝[カプセル]】がオススメです!

日頃から、「なんだか優れない」と感じる方にもおススメです。

※積極的な健康管理で症状が出にくくなる『気象病』ですが、長引く時は早めに医療機関を受診しましょう!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【霊芝[カプセル]】こちら>>


このブログは天然原料粉末の健康市場が運営しております »

カテゴリ:霊芝|タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|日時:2018年08月20日14:33|

2020年12月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

サイト内検索

月間アーカイブ

Copyright © 健康市場 All Rights Reserved.

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】