2018年02月19日

油の主成分「α-リノレン酸(EPA・DHA)」「リノール酸」「オレイン酸」について


食用油はたくさん種類がありますね![えごま油・ココナツオイル・亜麻仁油]などは、高価格でも健康思考の方に人気があります!

日常的使われているのは価格が安いサラダ油です!オリーブオイルや米油などは低価格のものもありますが、チョット手を出せない価格のものもあります。

健康効果や料理の種類など、用途に合わせて選ばれるている油ですが、健康成分や効果が気になるところです。

今回は油の主成分「α-リノレン酸(EPA・DHA)」「リノール酸」「オレイン酸」について追求してみましょう。

「α-リノレン酸」「EPA」「DHA」(オメガ3脂肪酸)
※体内で作ることができない《必須脂肪酸》で、えごま油・シソ油・亜麻仁油・魚の油などに含まれます

・α―リノレン酸は体内で「EPA」「DHA」(共に青魚に含まれる)に変換されるので、「EPA」「DHA」と同じ効果であるといえます。

・体脂肪、悪玉コレステロールを減少させ、 血液をサラサラにする効果があります。

・免疫力を抑制することで、アレルギー症状を緩和する効果がありますが、免疫力低下により、感染に対し抵抗力が弱まることもあるので、注意が必要です。

・「α-リノレン酸」「EPA」「DHA」は酸化しやすい性質なので、油は少量で購入し、新鮮な魚を摂取することが望ましいです。

「リノール酸(オメガ6脂肪酸)」
※体内で作ることができない《必須脂肪酸》で、サラダ油(大豆 綿実 ゴマ 米 とうもろこし ぶどう/ひまわりの種 紅花などの油)に含まれます

・血中コレステロールを下げる働きがありますが、善玉コレステロールも低下させてしまうというマイナスの働きもあります。

・リノール酸が不足すると髪の毛がパサパサしたり、ツヤがなくなったりすることから、髪の健康を保つのには欠かせない脂肪酸です。

・加熱するとヒドロキシノネナールという毒性の物質に変化するため、[鬱(うつ)・もの忘れ・アルツハイマー病]の原因になるなど、脳に悪い影響を与えてしまいます。

・リノール酸などオメガ-6系脂肪酸の過剰摂取は、血液を固まりやすくしたり、アレルギー症状を悪化させてしまうことがあります。

・リノール酸は、良い作用、悪い作用両方ありますが、通常の使用程度であれば、危険性はほとんどないと言われています。
ちなみに、オメガ6脂肪酸作用を悪い面を打ち消すのがオメガ3脂肪酸です。

「オレイン酸(オメガ9脂肪酸)」
※体内で作られる脂肪酸ですが、オリーブオイル・キャノーラ油などに含まれます

・オレイン酸は、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やす働きがあります。その為、血流が良くなり、成人病の原因(動脈硬化)を防ぐ効果が期待できます。

・オレイン酸は、消化されにくいため、小腸で吸収されない分は、大腸に届きます。大腸に届いたオレイン酸はぜん動運動を助け、便通を促します。

・保湿効果のあるオレイン酸は、肌のハリやツヤを保ち老化を防止する効果がありますが、アクネ菌を増殖させることもあるので、ニキビが気になる時期は避けたほうが良さそうです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「α-リノレン酸」「EPA」「DHA」(オメガ3系脂肪酸)/「リノール酸(オメガ6脂肪酸)」/「オレイン酸(オメガ9脂肪酸)」と3種の脂肪酸について説明してきましたが、油は、空気に触れることで酸化し、劣化してしまうので、大量購入はオススメできません。

短期間で使い切れる小さめのボトルで購入すると良いですね。

身体に良い効果をもたらす脂肪酸ですが、脂質ですのでカロリーは高いです!過剰摂取にならないように適度な摂取を心がけましょう!

身体に良い油を摂取できる健康商品と言えば、【Q-300(スクワレンパワー)[カプセル]】
サメ肝油成分、スクワレンは身体の隅々までに新鮮な酸素を送り、届け健康に役立ちます。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【Q-300(スクワレンパワー)[カプセル]】こちら>>


このブログは天然原料粉末の健康市場が運営しております »

カテゴリ:スクワラン|タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|日時:2018年02月19日10:01|

2020年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

サイト内検索

月間アーカイブ

Copyright © 健康市場 All Rights Reserved.

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】