2017年01月27日

栄養満点のお鍋!!でも、食べ方には注意!お鍋の[嬉しい効果]と[気をつけたいこと]!

lgi01a201401060000
冬の定番メニュー♪お鍋!年々変わり鍋が紹介され、人気が衰えることがありませんね。

身体も温まり、栄養バランスも良いので一見、健康維持やダイエットに良さそうですが、味付けや食べ方によっては、健康を害してしまうこともあるので注意が必要です!

お鍋の嬉しい効果は?

□野菜やキノコ類の 《食物繊維》や《ポリフェノール類》 が血糖値の上昇を緩やかにしたり、腸内細菌を増やすことで、「生活習慣病や肥満予防」になります。

□肉や魚の 《良質なタンパク質》 が細胞を強化し丈夫な身体を作ることで、体温が上昇しエネルギーを消費しやすくなります。

□シメまで楽しむことで、《炭水化物》 とともにスープに溶け込んだ 《水溶性ビタミン》や《水溶性食物繊維》 も無駄なく摂取できます。

お鍋の食べ方で気をつけたいことは?

□野菜やきのこ類の 《カリウム》 には、水分を排泄したり血圧を調整する効果がありますが、煮込むほどに味が濃くなるので、食べ過ぎれば ”塩分の過剰摂取” になります。むくみやすい人や血圧が気になる人は、食べる量を調整しましょう!

□箸が進むに連れ、ついついお酒が進んでしまうこともありますね!肝臓のアルコール分解能力を超えないよう、水やお茶などノンアルコール飲料を間にはさむなどして、二日酔いや浮腫(むくみ)の予防をしましょう!

□野菜やキノコ類はそれぞれ 《水溶性食物繊維》と《不溶性食物繊維》 を含みます。不溶性食物繊維は、水分を吸収する性質があるので、腸の状態によっては便秘を悪化させてしまうことがあるので注意しましょう!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
食べ方に注意しないと健康を害してしまうお鍋!

本当ならば、家族や友人と大きなお鍋を突っ付きたいところですが、”鍋の多くなる季節” は 『一人鍋』 にすることで、「塩分や食物繊維の過剰摂取」や「カロリーオーバー」 を防ぐことができます。

健康を維持・増進したい人やダイエット中の人は、『水炊き』 『ポン酢・ゴマダレなどをつけて食べるタイプ』 など、味が調整できるタイプにするといいですね。

なにはともあれ、食べ過ぎ・飲み過ぎで胃腸や肝臓に負担がかからないように気をつけてください♪

せっかくですから健康効果、ダイエット効果を狙いましょう!

胃腸や肝臓の働きを良くする健康食品は、【シジミエキスパウダー[EXP]】!胃腸や肝臓の働きを助けます。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【シジミエキスパウダー[EXP]】はこちら>>


このブログは天然原料粉末の健康市場が運営しております »

カテゴリ:シジミ|タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,|日時:2017年01月27日13:15|

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

サイト内検索

月間アーカイブ

Copyright © 健康市場 All Rights Reserved.

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】