2016年12月02日

食べ過ぎは ”冷え” や ”眠気” をつくる!?

282407

どんなに忙しくても毎日のランチタイムは待ち遠しいものです!リラックスタイムでもあり、楽しみの一つになっている方もおられると思います!

しかし、お腹が満たされることで ”冷え” や ”眠気” を作ってしまうのであれば、日頃の「食べ方」や「食べる量」を改めて見直してみましょう!

食べ過ぎるとなぜ 『眠くなる』 のか!?

お腹が満たされると、ボーっとすることがありませんか?
いくら気持ちを振るい立てて「頑張ろう!」と思っても、仕事効率の低下を感じることがあるかと思います。

血液は血管を通って体中に酸素を運んでいますが、食後は消化のために酸素が胃や腸に大量に集まるので、脳の酸素量が減ってしまいます。

食後に眠気を感じるのは、脳に行く酸素量が減ることで、脳が危機感を覚え ”眠気” を起こして酸素をあまり消費しない状態にしているからだと言われています。

食べ過ぎは 『冷えのもと』 にもなる!?

食事で胃腸に血液が集まると、脳だけでなく、手先、足先など末端にある血管(毛細血管)の血量も減少します。
つまり、消化に時間がかかるほど、毛細血管の血液が不足して、手足の先が冷たくなる状況を作ってしまうのです。

”冷え” とは 「毛細血管の隅々まで血液が行き渡っていない状態」と言えます。
食べ過ぎに気をつけて、冷え体質にならないよう、気をつけたいですね!

眠気や冷えを感じる方は”間食” にも注意!

「食事の消化」に加えて間食も多くなると、食事が増えた分の血液(酸素)を要します!食事と食事(間食)の間が狭いと、胃腸は常に活動し続け、血液は常に胃腸に集まリ続けるわけですから、日常的に脳や、手足に血液が十分行き渡らない状態が続きます。

”冷え” や ”眠気” が気になる方は、食事の回数や量にに気をつけたいですね!

”冷え” や ”眠気防止” には、間食量を少なめにし、よく噛む習慣をつけることが大切!

食事に20分程度また、それ以上時間をかけることで、満腹中枢が働き、”満腹感” を感じるので、たくさん食べなくても食欲にストップがかかりやすくなります。
また、よく噛むこと、唾液分泌が多くなって唾液酵素で食事が分解されて胃の中での消化が容易になるため、胃腸にとどまる時間が短くなります!

消化時間が短くなると、酸素が脳や末端の血管の方へ速やかに戻るので、”冷え” や ”眠気” を感じにくくなります。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
このように、特に集中して仕事をこなしたい日は、間食を控え、「食事はよく噛む!」を心がけると良いですね!

眠気対策に効果的な健康食品は、【ガラナ粉末】です!仕事の効率にお役立て下さい!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【ガラナ粉末】はこちら>>


このブログは天然原料粉末の健康市場が運営しております »

カテゴリ:ガラナ|タグ:,,,,,,,,,,,,,|日時:2016年12月02日14:40|

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

サイト内検索

月間アーカイブ

Copyright © 健康市場 All Rights Reserved.

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】